認知症の初期症状について

知っておきたい認知症

認知症の初期症状について

認知症は突然起こるものではなく、必ずその兆候を示す初期症状があるものです。これを見逃さずに早期に診断、治療を受けることで症状の改善や食い止めをすることができるものもあるので知っておきましょう。
まず一番多いのが記憶に関する部分です。
昔のことは覚えているのに最近のことはすっぽり抜け落ちてしまうことが多くなったり、記憶を必要とする会話が難しくなります。また日付や年度、時間などを覚えていられないので、待ち合わせなどに遅れてきたりするようになります。
日常生活では買い物の際に財布の小銭が増えたような時は要注意です。認知症状によって小銭の計算が出来なくなり少額の物でもお札で支払うようになるため、小銭が増える方が多くなります。
その他、あまり知られていない初期症状として幻覚があります。幻覚には実際にない音が聞こえる幻聴と実際にない物が見える幻視があり、家族が気づきやすい症状の一つといえます。
上記のような、症状が家族にあらわれている場合は、認知症を疑って早めに診察を受けることが重要です。

pickup

広島 土地売買
http://www.all-house.jp/

最終更新日:2015/8/28


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) 知っておきたい認知症 ALL RIGHT RESERVED